窓が果たす役割と短所

断熱パネルエ法は外張り断熱工法と同様に、外から施工するため、柱と柱の間にある筋交いや、金物、コンセントボックスなどをあまり気にせずに施工できます。その点、外張り断熱工法と共通する特徴があります。断熱パネルは工場で生産されますのでその分の費用はかさみますが、現場施工費はほかのものと比べて安くなります。窓には、採光、通風、換気、眺望という役割があります。日本人はその効果を存分に得るために、住まいでは大きな窓を好みます。窓はデザイン上の重要なポイントでもあり、大きな窓のある建物は「美しい」「爽やか」「開放的」といった印象を与えることができます。天窓などを上手に使えば、明るく、夏涼しい住まいになるでしょう。半面、窓は壁に比べて断熱性・気密性が悪いので、窓を大きくすると、冬は室内から熱が逃げてしまって寒くなる、夏は日射を通し過ぎて暑くなる、といった短所があります。ほかにも、外の音を通してしまう遮音性の低さ、火事に弱い防火性の低さといった弱点があります。しかし、最近では性能の高い窓が登場しており、こうした短所・弱点はずいぶん改善されています。

複層ガラスにする

【複層ガラスは断熱性が高く、結露も防ぐ】窓の断熱性を高めるには、窓のガラスを複層ガラスにすることが第一に必要になることです。複層ガラスとは、対流しない空気は熱を伝えにくいという性質を生かし、空気を二枚のガラスの間に封じ込めたものです。この空気層が断熱材の役目を果たし、窓の熱ロスを防ぎます。空気層の厚さは6〜12mm、が標準で、それ以上あっても対流の影響が出てくるため断熱性はあまり増しません。空気層の部分に空気に代えてアルゴンガスなどの希ガスを注入したり、空気層から空気を抜き取って真空にしたりすれば、断熱性はさらに向上します。ガラス表面の熱特性を改善しても、断熱性は向上します。具体的には、特殊な金属膜をガラスの表面にコーティングして、放射熱を伝えにくくします。こうしたものは複層Low-Eガラス(低放射ガラス)と呼ばれ、普通の複層ガラスより高い断熱性があり、人気商品になっています。複層ガラスの窓にすると、熱ロスが減少して暖房エネルギーが節約できるばかりでなく、ガラス面での結露を防ぐことができます。外気の温度が低くても、ガラスの室内側の表面温度が下がらないからです。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.