不動産屋と上手に付き合う

アパートの建築メーカーは自社の商品を売ることに主眼を置いていますが、不動産屋はアパート経営に関して、大家さんと長期的にかかわっていかなければならない使命があるからです。私の場合、不動産屋を経営していますが、自分でもアパート経営をしています。そういう不動産屋も多くあり、アパート経営のノウハウが凝縮されているものです。ですから不動産屋と上手に付き合うことにより大家さん自身も、いろいろな面で成長できるわけです。ここでは主に不動産屋の探し方や大家さんと不動産屋とのやり取りについて述べてみましょう。また、大家さんにとって良い不動産屋とは、一口で言うとアパート管理の実績が豊富で信頼できる不動産屋ということです。ご存知の通り不動産会社には、東証一部上場企業から中小・零細企業まであります。不動産会社の場合、その地域を地盤にして豊富な賃貸管理の実績があり、地元の信頼を得ている会社が必ず数社あるものです。地元のことに精通しており、きめ細かな管理を売り物にしています。大手の不動産会社では担当者が転勤したり、賃貸管理にしてもシステムが確立されすぎていて、あまり融通が利かない場合もあります。

不動産屋さんとの関係

入居希望者がアパートを探すとき、管理面でもアパートと不動産屋があまり遠いと目が行き届かないので不利なのです。職業別電話帳にはその地域の不動産屋が掲載されていますので、より近くで、しかも賃貸管理の実績が多い所を探すことです。次にその会社のホームページを見るなどして、業務内容を確認してください。それと一番、確実なのはアパートを建てる際の住宅メーカーの営業マンに、近くの信用のおける不動産屋を紹介してもらうことです。不動産屋を決めたら、次に家賃を決めなければいけません。家賃にはその都市、その都市での相場がありますが、相場は不動産屋が一番良く知っていますので聞いてみてください。アパートを建てる前に既に仮の家賃設定をしているはずですが、再度、その道のプロである不動産屋の人と打ち合わせてください。またその都市の不動産屋のホームページを見るなどして家賃をチェックすれば、大体の家賃相場はわかります。アパートの着工に入り、家賃を決めたら、次は入居者募集に入ります。満室にしなければいけないのは当然ですが、良い入居者に入ってもらわないといけません。

 

Leave a Comment

Tags:

Comments are closed.